FC2ブログ
2011-06-27 17:17 | カテゴリ:その他
雨もあがり、時折青空の見える好天ですが、湿度の高いむし暑さには閉口しています。

午後は80歳と78歳のお二人を含むシニアの方々の
「おつかれなおしの集まり」です。
皆さん、お若い時はそれぞれ専門職で多くの方々をご指導された方ばかりで、現在も自立して力強く暮らしておられます。

ローズマリー

県立高校の理科の教師をされていたN女史は、立派に社会人になられた教え子たちが時折訪ねて来られて、コンパニオンプランツの手入れをしてくれたり、「ハーブを触ってよろこんでくれるのよ」と嬉しそうです。

アロマポット

80歳のM夫人は、103歳で亡くなられたお母上がお使いになっていた“ステッキ(杖)”を持って来られました。

「この杖はね、母が最後まで使っていたものなのよ。私の身長には短くて合わないし、高野先生とはよくお会いしてお話をしていましたので使って下さいな」
とおっしゃって、つやつやに美しく、磨きのかかったクラシックなステッキをくださいました。

ガラスビン

そういえば、おばあ様と私の背丈も似ていますが、
何といってもお優しく、上品な明治生まれの素敵な方でした。
それもご長寿で、103歳までも美しく生きられた方のステッキなんていただいていいのかしら?

花束

いやいや、ありがとうございます。
このまましばらく飾っておいて、必要になったらぜひとも使わせてください。

心からありがたく頂戴いたします。



スポンサーサイト