FC2ブログ
2011-03-28 22:23 | カテゴリ:HERBのR / Relaxation
あれからもう何年経ったことでしょう?
友人を乗せて空港へと走る5月の田舎道でのことでした。
車道より少し高い所にクリーム色の繁みが続いています。5~6メートルでしょうか。
「あら、ニオイニンドウだわ―」と気づき、すぐに窓を開けスピードを落として何度も何度も香りを吸い込みます。

にんどう緑

濃厚で華やか。ジャスミンやオレンジに加えて、あのエグランタイン(Rosa eglanteria)の香りを織り交ぜたような・・・
「あゝ、シアワセ!」「ハニーサックルね―」
・・・なんて素晴らしい香りなのでしょう!
後部座席の2人は「もう一度ここを通りたいわね、どこかでUターンして!」とせがみます。

にんどう垣根

原産は日本、朝鮮半島、中国のようですが、キンギンカ(金銀花)やニンドウ(忍冬)ジヤパニーズともいわれます。
5~6月に満開になる白花は開花して数日で濃いクリーム色になり、香りがさらに強く感じるように思います。
香りのよさや花姿が優しいことなどから、ことのほか好きなツル植物のひとつです。
アメリカでは、花は抗生物質より効果があるといわれ、中国では花を流感の薬として用いるといいます。
最近は赤い花の園芸種も出回り始めていますが、香りの甘さや濃厚さから白い花にエールをおくります。

にんどう花

3年前にオープンした「大分香りの博物館」付属のハーブガーデン。
東側道路沿いの白いフェンスには、専属ガーデナーのKさんが色と香りを楽しんでほしいと願って8種のハニーサックルを植え込んでくださいました。
今年もその甘い香りに、多くの方々が酔いしれてほしいものです。


にんどう赤




スポンサーサイト