FC2ブログ
2010-11-30 23:15 | カテゴリ:その他
083_20101201015948.jpg

大分川河畔の土手の桜並木が真っ赤に染まっています。高く美しい青空が梢を透かして何ともいえない深い秋を教えてくれます。

070_20101201020203.jpg

ポストに“バラクライングリッシュガーデン”のケイ山田さんからの秋のご案内が届いています。蓼科高原はもう随分寒く、初冬なのではないかと思います。
広い広いガーデンで、イギリスの有名なガーデナーが常駐して、日本の中のイングリッシュガーデンを実に素晴らしく造られています。

013_20101201020317.jpg

ハーブがまだまだ珍しい頃、「バラ色の暮らしカルチャー展」を毎年開催。
ケイ山田さんのイギリス風の夢のあるバラクラファッションを展開し、私はハーブの栽培編を午前中に、午後は活用編としてハーブ料理のデモンストレーションを毎年のように続けたものです。

005 (3)

昨年の6月、春のバラクラショウに娘と出向きました。
本当にバラ色の暮らしそのもので、ガーデンのいたる所にバラの花が香り、花もハーブも配置よく植栽されています。
その折、一番美しく花が香っていた“スパニッシュビューティー”の華やかなバラが石垣に寄り添いながら大きな花びらを広げていたのが印象的でした。
気候風土をイギリスに近い形で選び、庭づくりに徹底したケイ山田さんの粘り強さに敬服したものです。

026 (2)

12月はバラの手入れの一番の好機です。
昨年やれなかったたくさんのバラの手入れを少しでも今年はやらなくては――。

007 (3)

バラの実はこのところ緑色が薄らいで少しオレンジ色に変わろうとしています。

030_20101201020749.jpg

サンゴ色にくっきり染まるのももうすぐでしょう。


009 (3)


スポンサーサイト